サラ金 金利

サラ金の金利は高くない!消費者金融に変わってから安心して使える訳

サラ金の金利は不安

お金を借りなくてはいけない時、やっぱり親と言っても誰かに借りるのは抵抗があると思います。私も親元を離れた以上は自分で何とかしていかなくてはいけないし、こんな時だけ頼るのなんて間違っていますよね。

女の一人暮らしならそんなにお金もかからない…なんて考えられていそうですが、むしろ女の子の方が付き合いを大事にしていると思うので、交際費という意味では男性以上に大変だと思います。女性だから…という事で残業もあまりさせてくれないのは良し悪しで、そのおかげで心許ない手当てでやりくりしないといけません。

そんな時に友達の結婚式や好きなブランドの新作が発表されると、お金というのはいくらあっても足りません。友達の結婚式ならやっぱり参加しないわけにもいきませんし、参加するならやっぱり綺麗な服も欲しい…というわけで、こんな時はお金をどこかから借りないといけません。

でも、サラ金とかを見ていると「お金を借りるっていうのは凄く金利を取られそう…」って思いますよね?サラ金はすぐに借りられて便利って聞きますけど、やっぱり金利が高くて返せないなら意味が無いし、結局どうやってお金を用意しようかずっと一人で悩んでいました。

サラ金の金利も変わったので安心

そんな事を友達に相談していると「サラ金って消費者金融の事だよね?今はそんな風に呼ばれていないし、そんなに金利も高くないよ?」と言われて、慌てて最新の情報をチェックしました。

すると友達の言うとおり、サラ金は消費者金融っていう風に呼ばれるようになっていて、金利も昔に比べたらグッと引き下げられている感じでした。それに月々の返済額も借りた額次第では1万くらいを返済に割けば大丈夫らしく、これなら大丈夫そう!という感じで申し込んじゃいました。

実際に使ってみた感想ですが、金利の数値もそうなのですが、やっぱりATMから欲しい時に借りられるっていうのは、とても便利です。借りやすいけど無駄遣いをしなければ返済が大変になる事も無いし、本当に今回の結婚式のような急な催し事でもいつでも安心して対応できるのはとてもいいですよね。おかげでいつもよりもご祝儀も多めに、素敵な服も買って着て行けました。

サラ金と消費者金融って同じものですが、名前と印象は随分と違いますね。消費者金融になっている今はとても使いやすく、まさに消費者の為の借り入れって感じでした。

無職でもサラ金で借りられますか

消費者金融各社の利用の手引きを見ると、利用にあたって一定の収入があることが条件とされている。貸す側からすればこれは至極もっともな言い分であって、返すあても無い人間に貸していてはその金貸しはつぶれる。つまり、その観点からいけば無職の人間が消費者金融からカネを借りるのは非常に難しいといえる。しかし、「一定の収入がある」という点がポイントで、無職でも返済のあてを見込める場合は貸し付けを受けられることもあるのである。たとえば、企業から内定を受けた大学生など、現時点では職に就いていないもののもうすぐ働き始める、という場合。この場合は貸し付けを受けられる可能性がある。ただし、内定が決まっている企業に対し収入証明や在籍する確認などを依頼する必要があり、手間はかかってしまう。また、派遣会社に在籍しているものの、偶然現在は派遣先がなく働いていない、という場合も貸し付けを受けられるがある。一方、どの会社に属する予定もなく、現在もまったくの無職という場合はほぼ間違いなく貸し付けは受けられない。病気などで失業の状態にある場合も同様だ。働きに出ていない専業主婦なども、貸し付けを受けられる可能性は非常に低い。

このように、無職の人が消費者金融等から貸し付けを受けられる場合はあまり多くない。その結果、違法な金利や貸し付け方法でカネを貸すいわゆるヤミ金に走ってしまう人が出てきたりする。そのような業者を頼ることはまず論外だが、現在自分がどのような状況なのかをよく考え、適切な対応を心がけたいものである。

消費者金融で借金すると会社に連絡がありますか

給料日前、結婚式貧乏、お年玉貧乏…とかくお金は入ってこない割りに出て行きやすい代物だ。自分の給料の範囲だけでやりくりするのが勿論大前提ではあるが、どうしても懐が寂しい、急に物入りになってしまった…そんなとき、テレビコマーシャルなどで目にした消費者金融各社を利用する人も多いのではないだろうか。消費者金融は、無担保で貸し付けをする代わりに、金利が銀行などと比べ高いのが特徴である。そのため、その手軽さや気軽さの一方、まるで自分のキャッシュカードで自分の口座からお金を引き出しているかのような感覚で借金ができてしまうその特徴から、利用者がつい軽い気持ちで借金を重ねてしまい、金銭的トラブルを招いてしまいやすいという側面もある。適切な利用を心がけたい。

さて、その消費者金融だが、初めて契約する際、会社に在籍の確認電話がかかってくるのをご存知だろうか。これは、借り手が本当に申告した会社に在籍しているのかをチェックするためのもので、在籍していることが分かれば返済能力があると見なされることが多い。また、在籍の有無が電話の目的であるから、消費者金融の利用が会社に知られないよう個人名で電話してくるので、その点は安心していい。消費者金融各社も、あえて社名を告げてせっかくの顧客に不快な思いをさせることは無いのである。

消費者金融各社は、借金というなるべくなら人に知られたくない消費行動をせざるを得ない顧客への配慮を常に行っている。郵便物が突然自宅にきたり、電話で社名を告げられることはないので、もし金銭面で困ったら各社に問い合わせてみるのもいいだろう。

消費者金融で借金して学費を払う…それって有りですか?

大学の学費は、決して安くない。もちろん、国の最高学府であるのだから、相応の費用がかかるのも理解はできる。しかし、こと私立の大学となると年間100万円前後の授業料に加え入学金などもかかる。無視できる金額ではない。そのお金は、親に出してもらったり、アルバイトでまかなったり、奨学金を得ることができそれを利用したりと様々な方法で用意することと思うが、その選択肢の中に消費者金融での借金、が挙げられる。

テレビコマーシャルなどで身近に感じる消費者金融各社は、無担保で貸し付けを行う代わりに、金利が銀行などと比べて高いのが特徴である。また、その手軽さや気軽さの一方、まるで自分のキャッシュカードで自分の口座からお金を引き出しているかのような感覚で借金ができてしまうその特徴から、利用者がつい軽い気持ちで借金を重ねてしまい、金銭的トラブルを招いてしまいやすいという側面もある。大手消費者金融各社は、学生でもアルバイトなどで一定の収入があれば貸し付け可能としているところがほとんどであるが、利用に当たっては細心の注意を払いたい。

また、消費者金融とは少し違うが、学生向けの貸し付けに特化したいわゆる学生ローンというものもある。学生をターゲットにしているだけあって金利は普通の消費者金融より安い場合が多い。もし、どうしても借金をする必要がある学生がいたら、消費者金融ではなく学生ローンを頼るのも一つの方法かもしれない。

とはいえ、学費は基本的には借金せずに払うのが最良である。大学の授業料の高さを憂い、思案投げ首となったところで筆をおく。

すっかり耳に馴染んだ過払い請求…でもそもそも何をすること?

「過払い請求」最近すっかり耳になじんだ言葉である。テレビコマーシャルなどで弁護士や司法書士が過払い請求の無料相談受付中、などといった宣伝を見たことがあるかもしれない。ただ、その中身をきちんと把握している人は案外少ない。ここでは、そもそも過払い金とはなんなのかを説明しよう。

過払い金とは、読んで字のごとく払いすぎたカネのことであるが、ここでいう過払い金は主に消費者金融などの金貸し屋に対して借主が返しすぎたカネの事を指す。具体的には、借り主が消費者金融等の金貸し屋から利息制限法という法律で定められた利率を越える利息で借入れをしている場合に、その利息制限法に引直計算をした結果算出される、本来であれば支払う義務のないカネのことである。

この利息制限法という法律で定められた金利は、借金契約の民事上の効力を定めたものという特性から、それを超える金利で貸し付けても貸した側に刑事罰は課されない。破ると刑事罰が課される出資法と利息制限法は、それぞれに定めた利率が違う。この差がいわゆる「グレーゾーン金利」なのである。そして2010年にグレーゾーン金利が撤廃されたことを受けて、いわば「過払い金返還訴訟ブーム」とでもいうべき状況が生まれたのだ。

過払い金の返還訴訟は勿論個人でも可能だが、計算の煩雑さや必要書類の多さは素人の片手までできるような種類のものとは明らかに一線を画しているので、弁護士や司法書士など専門家に相談するのがベターだ。最近は過払い金の払い戻しにより経営が悪化する消費者金融もあるので、思い当たる節のある人は早めに相談するといいだろう。

刑務所服役中の借金の時効の扱いは?

軽い気持ちから消費者金融などから借金をし、その手軽さ、便利さにだんだんと感覚が麻痺をして借金を重ね気づいたときにはその金額が大きく膨れ上がっていた…借金問題の典型的なパターンである。勿論、この時点で弁護士や司法書士などの専門家に相談をすれば解決できることがほとんどなのであるが、追い詰められてそこまで考えることができず、更に違法ないわゆるヤミ金からもカネを借りてしまい、いよいよにっちもさっちもいかなくなって、ついには犯罪に手を染めてしまう…そんなケースも散見される。カネが招いた悲劇であるが、このように借金を抱えた人が罪を犯し逮捕され刑務所に入った場合、その借金はどうなるのだろうか。結論から言うと、刑務所に服役していようがなんであろうが、違法なヤミ金以外からの借金がなくなることは無い。服役囚宛に消費者金融等から督促状などが届き、看守からそれを見せてもらえれば、服役前の自分の手持ちの金から支払うか、或いは親族を頼って支払ってもらうこともできる。ただし、親族も借金の保証人や連帯保証人になっていないと返済義務は無いので、応じてくれるかは厳しい。

ところで、借金の返済義務の時効は、消費者金融など業者からの場合は5年、そうではない個人から借りた場合だと10年で成立する。この時効に関して言えば刑務所に服役しているからといって中断したりせず、刑務所服役期間も時効にカウントするのである。つまり、刑務所から出所し、借金から5年以上経過しているにもかかわらず消費者金融業者から督促状などが届いても、時効が成立している可能性があるのだ。もしそのような状況になったら、早めに専門家に相談するといいだろう。

返済を放置したらサラ金から訴えられた!慌てずに相談を

軽い気持ちから消費者金融より借金を重ね、気づかぬうちに金額が膨らみ、返す当てもなく途方にくれていると、ある日消費者金融から訴えられ、簡易裁判所から訴状が届いてしまう──こんなケースも考えられる。そのときの驚きは想像に難くないが、そうなったとき、どのような行動をとるのが最善なのであろうか。借りたものを返していない負い目、更には訴状が届くという日常であまり遭遇しない事態に気が動転し、期日に単身裁判所に出廷してしまうかもしれない。しかし、それは避けたほうが無難だ。

相手方はこのような状況には慣れっこのはずである。今まで数多くの債務者に同様の訴状を送って裁判を行ってきたはずである。一方、こちらはこのような事態は初めて、右も左もわからない状態である。基本的に裁判所で和解の話し合いを進めることが多いが、その内容を吟味できる精神的余裕や知識がこちらにあるかといえば疑わしいものだ。相手方は、当然自社の利益を最優先で考えてくるのであるから、もしこちらに他社からの借り入れや何らかの経済的事情があったところでそれを考慮してくれるはずもなく、裁判官もその事情を積極的に訊いてくれるわけもなく、実際は非常に困難な和解案を飲まざるを得なくなることも往々にしてあるのだ。

もし、借金の訴状が届いたら、迷わず弁護士や司法書士に相談するべきである。現在の借り入れの詳細な状況を全て踏まえた上で適切な方法を考えてくれるだろう。くれぐれも自分ひとりで解決しようなどと考えてはならない。

幾ら借りられる?限度額って何?少し多めに借りたいあなたへ

初めて消費者金融を利用するとき、果たして自分がいくら借りることができるのか?ということはかなり大きい関心事であると思う。テレビコマーシャルなどでは、10~300万円ご融資、等と景気の良い宣伝文句が並ぶが、では自分が今日消費者金融の門を叩いて300万円の借り入れができるのか、と言えば殆どの場合ノーである。そもそも消費者金融とは、無担保での融資を最大の特徴としており、故に金利が高く設定されているのが普通だ。つまり、無担保の初心者に300万円を貸し付けるかどうか、という問題と言い換えられ、常識的に難しいのもまた自明であろう。

限度額、という言葉がある。こと消費者金融での話に限れば、借り入れの上限を指す言葉で、先に述べたように初めて消費者金融を利用するような場合、限度額は低めに設定されることが普通だ。まだ消費者金融もその人に信用を置いていないからである。つまり、裏を返せば消費者金融の信用を得ることが出来れば、自ずと限度額も上がるということなのである。消費者金融の信用を得るには、返済を滞りなくすることに尽きる。一度でも、また理由を問わず返済に不備があると要注意人物であると見なされる場合があり、そうなると限度額のアップは難しい。しかし逆に言えば、しっかりと計画的に利用し返済を進めるだけで良いとも言える。ご利用は計画的に、のフレーズに全てが詰まっているといって過言ではない。

もっとも、よしんば限度額がアップした場合、自分の収入や返済に充てられる額もそれに併せてアップしていないと後々返済が苦しくなる可能性を内包している。限度額のアップはさながら使える貯金が増えたような錯覚に陥りがちだが、むしろ借金を増やすことができるようになったことなのであって、思い違いをしてはならない。無理の無い範囲で利用することが何よりも重要である。

ヤミ金の取り立てはいまも苛烈か

サラ金の取立て──自宅や職場に押しかけて暴れたり、電話や直接の対面で恫喝されたり、等というイメージが多いのではないだろうか。無論、これらは違法である。すなわち、法を守り適切に運営されている消費者金融の場合、上記のような取立てはほとんど行われない。苛烈な取立てを行うのは、はじめから法律を無視しているいわゆるヤミ金である場合がほとんどなのである。

ヤミ金とは、違法な貸し付け方法や金利でカネを貸す業者のことである。その金利は十日で一割や酷いところは一日一割などという暴利で、利用者を追い詰める。そして少しでも返済が滞ると、まずは電話で恫喝をするのだ。「今日中に払えないとどうなるか分かっているのか」「お前にも家族がいるだろう。奥さんや子供がただで済むと思っているのか」「払えないなら腎臓を売れ」等など…罵詈雑言の限りを尽くし、次の段階として自宅や職場に押しかける。「占有屋」といわれる悪徳業者と手を組み自宅の鍵を勝手に変更して居座ったり、ヤミ金の事務所に監禁したりもする。とかくヤミ金の取立ては苛烈である。

ところで、このような取立て方法は勿論違法であるが、そもそも存在が違法なヤミ金から借りたカネは返済義務もないのである。また、もしこのような苛烈な取立てに悩まされているとしても、弁護士に相談の上「介入通知」をヤミ金に送付することで取立てがやむことがほとんどである。悩んでいるなら迷わず相談し、違法な取立てに屈しないことが何よりも大切なのである。

借金していた本人が死亡!残された家族と借金の行方

カネを借りて、本人が元気なうちに全てを返し終えられれば何の問題もない。もう借金はしないと心に決めて一所懸命働くだけである。厄介なのは、借金を残して本人が死亡したときである。遺産相続というと土地や財産などのイメージを抱きがちであるが、借金も相続の対象なのである。「消費者信用団体生命保険」に死亡した人が加入していれば、本人の死亡により消費者金融へカネが支払われるため相続せずに済むこともあるが、この制度を悪用し苛烈な取立てによる借り手の自殺が頻発したため、現在大手消費者金融各社は「消費者信用団体生命保険」を契約の際の必須事項にはしていない。つまり、自分が被相続人足りうる家族が志望したその瞬間から借金も相続する可能性があるのだ。

しかし、遺産というのは相続するのも、放棄するのも自由である。多額の借金を残され、他に土地も財産もないような場合は、その人の死亡および債務の存在を知ったときから三ヶ月以内に家庭裁判所に対し相続放棄の申し出をすることで借金の相続を放棄できる。

ここで注意しなければならない点は二つ。まず一つ目は、借金の保証人や連帯保証人になっていた場合はその支払い義務は残るということ。よく確認したほうがいい。二つ目は、自分が相続放棄をするとその次の相続順位の人に借金が相続されてしまうということ。事前に次の相続順位の人へ、自分は相続を放棄する旨を伝えておくといいだろう。

家族が死亡し悲しみや慌しさの中借金の問題に振り回されるのも愉快ではないが、きっちりと適切な対応を心がけたいものである。

年収と消費者金融利用額の意外な関係

急な出費や、突然の用立ての際に便利なのが消費者金融。個人の消費者向けに無担保で小額から融資してくれるイザというときの強い味方である。しかし、その手軽さ、便利さゆえ安易な利用を誘発し借入額が雪だるま式に増えてしまうことも多かった。そこで、借金の金額を原則年収の三分の一までとする「総量規制」が2010年から導入された。つまり、年収600万円の人なら200万円まで、年収450万円の人なら150万円までといった具合である。それ以上借りようと思っても、信用情報に借入額が登録されているため貸し付けを断られることになる。この「総量規制」は、基本的にカネを借りる際の規制であるので、たとえば自動車のローンや不動産のローンを組む場合や、高額医療費の貸し付けなどの場合はその額を含めない。年収によって消費者金融の利用額が変わってくるというイメージでいいだろう。

消費者を借金地獄から守るための総量規制であるが、年収の三分の一を超えてカネを借りたくても消費者金融が貸してくれないが故に違法な金貸し業者、所謂「ヤミ金」に頼ってしまうケースもある。ヤミ金の金利は通常では考えられないほど高く、一度借りてしまうと抜け出すのは非常に難しい。また、取立ての悪質さも今更語るまでもない。そもそも総量規制によるところの年収の三分の一という額も非常に高い割合である。総量規制がなぜ定められたのかを今一度考え、適切な利用を心がけたいものである。